counter

+その他

関西圏で足掻いてる人。たぶん失敗例。施術についてはプロフィールページ参照。

【たるみ・クマ】施術を受けようと思ってるひとへ。

したほうがいいことなど。思いついたら追記していきます。

 

・整形全般の話

1) カウンセリングは3件以上行く。そのうち少なくとも1件は個人院を入れてみる。

2) 眼鏡、マスクを用意。普段眼鏡をかけない人は「目わるくなってしまって」とか言って整形1か月くらい前からちょいちょい眼鏡をかけておくといいです。ダウンタイムと同時に急に眼鏡デビューすると逆に目に視線が行きます。

3) ダウンタイムがほぼ終わり、顔をひとに晒す時は今までと少し変化をつけておく。髪のわけめを変える、色を変える、など。(「なんか違う」と言われたときの言い訳用。)あまり大きい変化は逆効果だとおもっています。じろじろ見られるため。

 

・経結膜脱脂

1) 料金の確認。麻酔代、薬代を含めたコミコミの金額を確認。

2) 左右差があるのならばどちらを多く取るのか必ず確認しておく。

3) 施術途中で上体を起こして脂肪の取り具合を確認しながら施術することは可能か。

 (麻酔や内出血などのせいで、途中を確認しても意味ないとおっしゃるかもしれませんが、もし可能ならばさせてもらうといいです。麻酔の種類によっては無理ですけどね。)

4) 麻酔の種類をかくにん。静脈?笑気?など。

5)アフターケアについて確認。取りすぎた場合どのような処置を行うのか、またその場合の費用負担はどちら側か確認。(おそらく「その時カウンセリングに来ていただいて判断」といった返答になりますが、受け答えでそのクリニックの患者に対する姿勢が見えてきます。)その他起こりうるリスクについて、その場合の処置を聞けるならば聞いてみると良いです。

6) ダウンタイムの確認。(こちらは表などにしてくださってると思います。)

7) 施術の結果に納得がいかなかった場合、術後何週間の時点で再度診察に行くべきか、かくにん。

8) 気休め程度にしかならないかもしれませんがダウンタイムを早くおらわすサプリとか用意するといいです。ビタミンc、亜鉛、プラセンタ。シンエック。

9) マスク用意。 

10) 眼科に行くような用事は施術前に済ませてください。(花粉症の目薬もらう、とか。)

11) 保冷剤用意。 ×冷えピタ ◎保冷剤や氷嚢

 

・脂肪注入

1) 脂肪の採取部位を確認、また採取部位のダウンタイムかくにん。

2) しこりになった場合の処置について確認。↑の5番と同様。

3) 料金の確認。

4) 採取した脂肪を保管するかどうか。(そもそも保管対応してないかもしれません。しているクリニックはたぶん10万くらいでなんとかバンクに保管し、再度注入したくなったときに使えます。ほうれい線とか別部位にも注入できるはずです)

5) 左右差があるのならばどちらを多く入れるのか確認しておく。

6) 上の3番と同様、施術中に上体を起こしての確認はできるかどうか。

7) 麻酔の種類をかくにん。静脈は寝てる間に終わるから楽ですねえ。

8) 施術に納得がいかなかった場合、脂肪注入は3か月後の時点で文句いいましょう。注入から3か月は変化する可能性があるからです。

9) マスク用意。気休めサプリ用意。

10) カルテ開示出来るか聞く。(施術3ヵ月後、その施術に不満があった場合、でいいと思います。)

11) 注入部位の確認。(「目の下」ではアバウトすぎます。どこに入れていくか確認しましょう。)

12) 保冷剤用意。 ×冷えピタ ◎保冷剤や氷嚢